歯の病気(口臭)

最近、うちの子の口が臭い…ということはないでしょうか?
そういう子はちょっと口の中をのぞいてみましょう。
口臭の原因の一つてして、「歯石」があります。これは犬歯や臼歯の外側の部分に付着していることが多く、一度付着してしまうと歯磨きのような日常ケアでは取り除くことができません。

そして、ワンちゃんやネコちゃんは、「お口開けててください」と言っても、開けててくれることはやっぱり難しいので、もしも歯石を取り除こうと思ったら、全身麻酔をかけての処置になってしまいます。

たかが歯をきれいにするだけで全身麻酔なんて…と思われる方もいるのではないかと思いますが、ではこの歯石、放っておいたらどうなるでしょう?

歯石の中には食べカスのほかにたくさんの細菌が含まれます。そして歯石の上には新しい歯石が付着しやすく、歯ぐきに炎症を引き起こしたり、歯石が重度に付着してしまうと歯ぐきが痩せてきて、歯石除去をしても歯が抜けてしまうケースも多く見られます。
また、歯は目や鼻と非常に近い位置にあり、炎症が広がっていき顔が急に腫れたり鼻水が出たりすることや、目の下に穴が開いてしまうこともあります。

歯石01歯石02 歯石03
重度の歯石付着例(クリックして画像拡大)

 

こうなってしまうと結局全身麻酔をかけて歯を抜いてしまうことが必要になります。

そうなる前にできること、それは、日ごろからのデンタルケアにより、できるだけ歯石が付着しないよう予防することです。

ワンちゃんやネコちゃんは口を触られることを嫌うコも多く、歯磨きなんてできない…という方も大勢いるのではないかと思いますし、また歯磨きはさせてくれるけど、歯磨きをしてあげてても口臭が一向によくならない…という方もいるのではないかと思います。
そういった場合は、そのコに合ったデンタルケアをしてあげるために、一度ご相談いただければと思います。

 P1050079  P1050085
スケーリング(歯石除去)実施前 スケーリング実施後
(歯の裏側もこのあときれいにしました)

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク