乳腺腫瘍

当院では、トリミング中に、トリマーさんから「お腹にしこりがあるんですが…」と言われ、検査してみると乳腺腫瘍が見つかることがあります。
乳腺腫瘍とは、その名前の通り乳腺にできる腫瘍で、犬ではそのうちの50%が悪性と言われており、さらに猫では90%が悪性と言われています。この、悪性の乳腺腫瘍のことを、良性の乳腺腫瘍と区別して乳腺がん(ヒトでいう乳がん)と呼びます。

乳腺がんは、近くのリンパ節に転移しやすく、さらにそこから肺や肝臓などに転移してしまうことがよくあり、この結果、色々な症状を示して亡くなってしまうケースもあります。
また、乳腺がんが見つかった場合、治療法は主として乳腺の外科的な摘出になりますが、犬や猫では複数の乳腺があり、たとえがんが小さくても複数あれば、それらをまとめて摘出しなければならないケースもあり、 そして、手術の傷が大きくなればなるほど、ワンちゃんやネコちゃんには負担が大きくなってしまいます。

とても大きな乳腺腫瘍の例(手術前) (手術後)
380_11907_20130628140026.0
380_11908_20130628140022.0
380_11899_20130628160726.0
1524_11923_20130628205452.0 1524_11914_20130628222748.0
小さな乳腺腫瘍が複数見られた例
乳腺腫瘍指でさしている部分にしこりがありました。
この子の場合、一つ一つの腫瘍は小さいのですが、複数あったため、すごく広範囲に腫瘍を取ることになりました。
※○部分にしこり

だから、乳腺腫瘍は早期発見と予防が大切になります。
“予防”、と言いましたが、実は“避妊手術”をすることで、乳腺腫瘍なる確率をグンと下げることができるのです。これはホルモンが関係しているためで、避妊手術を行う時期が早ければ早いほどよく、初めての発情が来る前に避妊手術を行うと、手術を行わなかったときと比べ、乳腺腫瘍になる確率が1/200にまで減少すると言われています。

なので、ワンちゃんやネコちゃんのために、おなかにしこりを見つけたらなるべく早く病院に連れて行ってあげてください。
そして、まだ避妊をしておらず、乳腺腫瘍のリスクを少しでも下げてあげたいと思っているのであれば、なるべく早く避妊手術をしてあげましょう。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク