作成者別アーカイブ: admin

犬の精巣腫瘍

去勢していないわんちゃんに起こる可能性のある精巣腫瘍について今回は取り上げたいと思います。 精巣が腫瘍化してしまった場合、多くの子で精巣が腫れてきたりします。 わんちゃんの精巣腫瘍には「セルトリ細胞腫」「精上皮腫」「間質 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

白内障

今回は、飼い主様にもなじみのある方が多い、白内障についてです。 白内障とは、目の中の水晶体という部分が、様々な原因によって白く濁った状態を言います。 白内障になる原因の多くは、加齢によるもの(加齢性)と、犬種によるもの( … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

レッグぺルテス

レッグぺルテスとは大腿骨の骨頭部に壊死が起こる病気で、大腿骨頭壊死症ともいいます。大腿骨頭とは骨盤と大腿骨をつなぐ大切な股関節の一部を担っています。 この病気はまず、1歳までの若いわんちゃんに多いのが特徴です。なかでも特 … 続きを読む

カテゴリー: 整形疾患 | コメントをどうぞ

去勢と避妊

今までの症例紹介でも何度か触れてきましたが、今回は去勢と避妊について取り上げてみたいと思います。 ではまず、なぜ去勢手術や避妊手術を行うのでしょうか?そのメリットとはなんでしょう? 一番のメリットは、女の子なら今までにも … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

胆嚢疾患について

健康診断で初めて発見されることが多い病気の一つに、胆嚢(たんのう)の病気が挙げられます。 それは、胆嚢の病気の初期には全くといっていい程症状が出ない事が多いためです。 そもそも胆嚢ってなに・・?と思われる方も少なくないと … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

鼠径ヘルニア

鼠径ヘルニアとは、鼠径部(太ももの内側の付け根)において、本来お腹の中にあるはずの、腸管、膀胱、子宮、脂肪などが、皮膚のすぐ下に出てきてしまう状態のことです。 赤丸で囲んだ部位が鼠径部です。 この症例では、子宮が鼠径部に … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

異物の誤食には注意!

家に帰ったら、留守番中にワンちゃんがイタズラを・・!! ・・・という経験は皆さんよくあるのではないでしょうか。 特にまだ若いやんちゃな子は、元気があり余っていたり、歯の生え変わりで ムズムズしたりで、とにかく何でも噛みた … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

子宮蓄膿症

子宮蓄膿症というと、人ではあまり馴染みがない病気で、「どんな病気?」と思う方も多くいるかもしれませんね。 名前の通り、子宮内に膿がたまってしまう病気なのですが、この病気は実はとても怖い病気です。外陰部から膿が出てきていれ … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

下痢

みなさんもおなかをくだしてつらい思いをした経験が一度はあるのではないでしょうか。 同様に、ワンちゃんやネコちゃんにとっても、下痢は嘔吐と並び、とても多い症状の一つで、原因は多岐にわたります。 主な原因としては、寄生虫感染 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

乳腺腫瘍

当院では、トリミング中に、トリマーさんから「お腹にしこりがあるんですが…」と言われ、検査してみると乳腺腫瘍が見つかることがあります。 乳腺腫瘍とは、その名前の通り乳腺にできる腫瘍で、犬ではそのうちの50%が悪性と言われて … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ